CN比から考える廃菌床の運用方法

CN比とは

有機物に含まれる炭素(C)含有率(%)と窒素(N)含有率(%)の比がC/N比です。
微生物による分解・肥料効果の発現、腐熟の目安になります。
表にするとこんな感じです。

CN比微生物分解肥料効果発現腐熟度無機態窒素窒素飢餓
高い(30以上)遅い遅い未熟取り込み
低い(20以下)早い早い完熟放出なし

各堆肥のCN比一覧

肥料効果の早い堆肥

堆肥名CN比
鶏糞7
マメ科植物 10~17
豚糞11
牛糞16
米ぬか23

土壌改良・微生物多様化効果の高い堆肥

堆肥名CN比
雑草50
ピートモス52
稲わら60
もみ殻75
選定枝70
廃菌床80~100
小麦わら90
広葉樹落葉50~120
針葉樹落葉20~60
樹皮100~1300
おがくず134~1064
280

堆肥の使い方

CN比が低い堆肥の使い方

土中に投入した時の、微生物による分解が早いので肥料的な使い方ができます。
植え付け2週間くらい前までに漉き込んでおくと、病気になりにくくなります。

未熟家畜糞堆肥の場合、飼料由来の雑草のタネが発芽する可能性があります。
使用には気を付けましょう!

CN比が高い堆肥の使い方

保水性・排水性・捕肥性・団粒化・土中微生物多様化を狙った運用になります。
植え付け前4週間くらい前には漉き込んでおくと微生物が増え拮抗現象で
病気になりにくくなります。米ヌカを混ぜておくと、微生物の栄養源となり
土中微生物多様化が早くなります。

未熟堆肥の場合、発酵による熱・ガスで作物に悪影響がでることがあります。

なつき式廃菌床の運用方法

なつき農園では堆肥に廃菌床を使っています。
新鮮な廃菌床には、きのこの菌(糸状菌)が含まれています。
この糸状菌を増やしていこうというのが、コンセプトです。

  • 1.廃菌床を90㎝畝に、一輪車(猫車)一杯分を2~3mくらいに撒いていきます。
  • 2.糸状菌の増殖を目的に、米ヌカを1mに2~3握り撒いていきます
  • 3.畝の表層10㎝くらいを荒く耕耘します。廃菌床が数cm程度の塊になるようにします。
     細かすぎると、糸状菌が増える前に死滅します。
  • 4.糸状菌は乾燥に弱いので、緑肥や刈り倒した雑草などを撒いておくと、炭素源にもなって
     糸状菌が増殖しやすい環境になります。

土の中の糸状菌を増やしていくんやね~!

タイトルとURLをコピーしました